三井金属アクトは、自動車部品の開発から設計・製造まで行い、お客様にご満足頂ける製品を製作する自動車機器メーカーです。

三井金属アクト株式会社
MITSUI KINZOKU ACT CORPORATION
English Link お問い合わせ アクセス
HOME > CSR情報 > 社会的側面 アクトニュース
企業情報
製品・事業
技術・調達情報
CSR情報
人材育成
採用情報
環境的側面 社会的側面 第三者評価
社会的側面
従業員の安全を確保した職場環境
三井金属アクトでは「安全最優先」を基本方針とし、従業員が安全で快適に働ける職場環境づくりに取り組んでいます。
取組み事項(参考例)
1.   全社員を対象とした安全教育を行い安全意識の向上に努めています
2.   毎月1回の安全パトロールで不安全な箇所の発見と対策を行っています
3.   OHSAS18001を取得しRA(リスクアセスメント)による危険源の特定と根本からの排除に取り組んでいます
KY(危険予知)実習(中国)
KY(危険予知)実習(中国)
社会貢献活動
三井金属アクトでは地域社会への貢献を通して信頼関係を構築し共に発展するための取組みを行っています
活動例
・   寄付/寄贈
・   障害者採用
・   工場見学受入れ
・   ボランティア活動
定期周辺清掃 定期周辺清掃
定期周辺清掃
労働安全衛生方針
三井金属アクト株式会社は、労働安全衛生に配慮した生産活動を行なう為、自動車部品製造に係る全ての事業活動において、常に安全で健康的な職場環境を目指し、従業員の安全と健康保全の確保に努める。
1. 当社の安全衛生上の危険源に関し適用する法規制及び同意するその他の要求事項を遵守する。
2. 当社のリスクの把握を行い、それぞれの事業所、工場の危険源を取り除くことに努め、労働安全衛生マネジメント及び労働安全衛生マネジメントプログラムの継続的改善により傷害及び疾病の予防に努める。
3. 労働安全衛生に係る活動をより良い環境下に具現化するため、労働安全衛生目標を定め、取り組みレビューを行なう。
4. 管理下にある労働者の参加を得て、その協力のもと労働安全衛生マネジメントを推進する。
また、内部監査を実施し、目標達成に向けた効果的な進捗を行い労働安全衛生マネジメントシステムの維持向上を目指す。
5. 従業員には、それぞれの作業における労働安全衛生の義務に対し、労働安全衛生教育を行い、作業内容の理解と安全衛生の意識向上を図り周知させる。
6. 本労働安全衛生方針については、定期的に見直しを行なう。
2018年4月1日
三井金属アクト株式会社 社長 井形 博史
ページ上へもどる